キャンプギア

クイックキャンプのアルミペグハンマーを徹底レビュー!選んだ理由と隠れたデメリット5つとは

キャンプギア
スポンサーリンク
迷える初心者キャンパー
迷える初心者キャンパー

QUICK CAMP(クイックキャンプ)のアルミペグハンマーが気になるけど、

実際のとこ どうなの?

筆者
筆者

そんな悩みにお答えします

キャンプギア選び、絶対失敗したくないですもんね

QUICK CAMP(クイックキャンプ)アルミペグハンマー購入しました

選んだ決め手は、次の3つ。

これが決め手!3つのポイント
  1. とにかく軽い
  2. とにかく安い
  3. なのに品質が良い

結論、大正解でした。

\クイックキャンプのアルミペグハンマーの/
〇【メリット】良かった点
  • とにかく軽い!持ち運びもらくらく
  • 堅い地面でも十分打ち込める
  • ママや子どもでも使いやすい
  • ペグ抜きも十分使いやすい
  • シンプルで無駄のないシャープなデザインがカッコいい
  • 付属の収納ケースが便利
△【デメリット】気になる点
  • すっぽ抜けやすい
  • 打面は大きいわけではない
  • 耐久性は未知数
  • 音が大きく響く
  • 収納ケースのチープ感

正直、ハードなフィールドにも臆せずガンガン挑戦するガチキャンパーにはおすすめできません。

しかし、ライトな初心者ファミリーキャンパーのあなたは絶対に買っても損しないと断言します。

この記事では、クイックキャンプのアルミペグハンマーを実際に購入して感じたことを、正直にお伝えします。

この記事で分かること
  • 商品購入の経緯
  • クイックキャンプのアルミペグハンマーを選んだ理由
  • クイックキャンプ アルミペグハンマーを使ったリアルな感想(デメリット・メリット)
  • 気になる口コミ
  • クイックキャンプのアルミペグハンマーと迷って比べた他の商品との比較
  • クイックキャンプ アルミペグハンマーの基本情報
  1. 【経緯は?】軽くて安価なペグハンマーが欲しかったんです
  2. 【決め手は?】クイックキャンプ アルミペグハンマーを選んだ3つの理由
    1. 1.とにかく軽い
    2. 2.とにかく安い
    3. 3.なのに品質が良い
  3. 【デメリット)実際に使って感じたクイックキャンプ アルミペグハンマーの気になる点5つ
    1. 1. すっぽ抜けやすい
    2. 2. 打面は大きいわけではない
    3. 3. 耐久性は未知数
    4. 4. 音が大きく響く
    5. 5. 収納ケースのチープ感
  4. 【メリット】実際にクイックキャンプ アルミペグハンマーを使ってみて良かった点6つ
    1. 1. とにかく軽い!持ち運びもらくらく
    2. 2. 堅い地面でも思ったより打ち込める
    3. 3. ママや子どもでも使いやすい
    4. 4. ペグ抜きも十分使いやすい
    5. 5. シンプルで無駄のないシャープなデザインがカッコいい
    6. 6. 付属の収納ケースが便利
  5. 【口コミは?】クイックキャンプ アルミペグハンマーの気になる口コミをピックアップ
    1. 気になる口コミをピックアップ
    2. ライトユーザーにめちゃくちゃ評判が良い
  6. 【比較】クイックキャンプのアルミペグハンマーと比べた5つの商品
  7. 【基本情報】クイックキャンプのアルミペグハンマーは軽量・低価格・高品質の3拍子そろったペグハンマー
    1. クイックキャンプ アルミペグハンマーの基本情報
    2. クイックキャンプのアルミペグハンマーは初心者向けの万能型ペグハンマー
  8. まとめ】クイックキャンプのアルミペグハンマーは、ライトな初心者ファミリーキャンパーのあなたにこそおすすめです
    1. 子どもと楽しくキャンプや外遊びを楽しみたいなら、絶対持っていて損はない
    2. 絶対に失敗したくないあなたへ
スポンサーリンク

【経緯は?】軽くて安価なペグハンマーが欲しかったんです

経緯は?

初めに、私がなぜペグハンマーの購入を検討したかをお伝えします。

簡単に言うと、軽くて安価なペグハンマーが欲しかったんです

実は、私はすでに1つ、本格的なペグハンマーを持っていました。

UJackペグハンマーVHH (超ヘビー級ハンマー)

しかし、少し重すぎて持ち運びに困っていたんです。

しょっちゅうキャンプに行くようなキャンプガチ勢ではない我が家。

どちらかというと、ピクニック用途がメインとなります。

公園でポップアップシェードやワンタッチテントなんかを使う際、簡易ペグをよく使いますよね。

そんなシチュエーションでも「手軽にペグを打ちたい」と考えたわけです。

わざわざ重くてごついハンマーを持参するのはおっくうですからね。

そんな訳で、私が2本目のペグハンマーに求めた条件は次の3つ。

ペグハンマーに求める3つの条件
  1. とにかく軽量
  2. 手の届きやすい価格
  3. 安心の国産ブランド

軽くて安くて、品質も良いという何ともわがままな条件です。

はたして、そんな理想的なペグハンマーは見つかるのでしょうか・・・

スポンサーリンク

【決め手は?】クイックキャンプ アルミペグハンマーを選んだ3つの理由

選んだ決め手3つ

なんと理想的なペグハンマーが見つかりました。

それが、このクイックキャンプのアルミペグハンマーです。

決め手となったポイントは次の3つ

これが決め手!3つのポイント
  1. とにかく軽い
  2. とにかく安い
  3. なのに品質が良い

簡単に説明していきますね。

1.とにかく軽い

重量が約350gと非常に軽量

とにかく軽いです。

ペグハンマーの重量に関しては下記をイメージしてください。

  • 軽量級:300g~400g
  • 普通:500g~600g
  • 重量級:600g~800g以上

一般的なペグハンマーは500〜600g程度のものが多いです。

それでも体感的にはけっこうな重さを感じます。

やはり軽さを求めるのであれば300g代はマスト。

そんな中で、350gという重量は非常に軽くて魅力的でした。

2.とにかく安い

価格が1,860 円 (税込)と非常にリーズナブル

とにかく安いです。

なんと、2,000円を下回る衝撃の価格です。

コスパ重視のペグハンマーと言えばYOGOGOのペグハンマーが有名。

Amazonで売れ筋ランキング1位のペグハンマーです。

こちらの価格が2,180円※2022.7月時点

そのYOGOGOのペグハンマーよりさらにお値打ち。

これは意外と知られていないかもしれませんね。

3.なのに品質が良い

品質も重要なポイントです。

クイックキャンプのアルミペグハンマーは、軽量安価なのに品質まで一切妥協していません

QUICK CAMP(クイックキャンプ)と言えば、筆者の地元“岐阜”のブランド。

初心者に易しいコスパと品質に定評のあるブランドです。

軽さや安価を求めると、品質がもっとも心配なところ。

そこで、私は地元の国産のブランドにこだわりました。

他の中華系やノーブランドの商品とは信頼感が違いますよね。

また、実物を何度も確認することが出来たのも大きなポイント。

実は、私の自宅の近所にQUICK CAMPの旗艦店YOCABITOがあります。

【YOCABITO】クイックキャンプ唯一のリアルショップ
店頭でしっかり確認

事前に自分の手で、感触を確かめることが出来ました。

というわけで、納得して購入に踏み切れたというわけです。

スポンサーリンク

【デメリット)実際に使って感じたクイックキャンプ アルミペグハンマーの気になる点5つ

デメリット5つ

ここからは、クイックキャンプのアルミペグハンマーを実際に使用してみての感想です。

まずは、気になる点からお伝えしていきますね。

実際に使ってみて気になった点は次の5つです。

ここが気になる!5つのポイント
  1. すっぽ抜けやすい
  2. 打面は大きいわけではない
  3. 耐久性は未知数
  4. 音が大きく響く
  5. 収納ケースのチープ感

順番に説明していきます。

1. すっぽ抜けやすい

すっぽ抜けやすいのは、たしかに事実です。

なぜなら、シンプルなストレートハンドルゆえ。

しかし、これはクイックキャンプのアルミペグハンマーに限りません。

シンプルなストレート系ハンドルのいちばんの懸念点といえます。

クイックキャンプのアルミペグハンマーは、とっても握りやすいので、そこまで心配しなくて大丈夫。

それに、実際にペグハンマーがすっぽ抜けるほど、大きく振りかぶって使用する状況は少ないです。

私も実際に使用していて、すっぽ抜けて飛んで行ったという経験はありません。

万が一にそなえて、ストラップもあるので安心です

2. 打面は大きいわけではない

打面はそこまで大きいわけではありません。

100円玉より、ひと回り大きいくらいです。

打面と100円玉の比較

直径で言うと、2.8cmほど。

打面の直径約2.8cm

ペグハンマーの打面の大きさとしては、一般的なサイズですね。

大きすぎず、小さすぎずといったところです。

じつは、私はかなり打面の大きいハンマーを使用していたんです。

左(ユージャック ペグハンマー)・右(クイックキャンプアルミペグハンマー)

そのギャップのせいか、はじめはけっこう空振りすることがありました。

慣れた今では、しっかりペグの頭をとらえることが出来ますよ

3. 耐久性は未知数

耐久性は正直、未知数な部分があります。

クイックキャンプのアルミペグハンマーは、鋳鉄製(ちゅうてつせい)のヘッドに、アルミ合金のグリップを採用しています。

どちらも素材としては、とっても頑丈でタフな素材です。

信頼はしていますが、長年使い込んでいるわけではありません。

長期間使い込んでの耐久力は、今後注目していきたいところ。

今のところ全く問題ないです

ライトでゆるめなユーザーなので

4. 音が大きく響く

ペグ打ちの際の音が、かなり大きく感じました。

カーン、カーンと耳に響くような感じです。

ためしに、私の持っているユージャックのペグハンマーと比べてみました。

ユージャックのペグハンマーは「ツン、ツン、ツン」と子気味いい感じ。

ユージャックのペグハンマーの音「ツン、ツン」

対するクイックキャンプのアルミペグハンマーは「カーン、カーン、カーン」と甲高く響く感じ。

クイックキャンプのアルミペグハンマーの音「カーン、カーン」

神経質なかたはちょっと不快に感じるかもしれません。

ずぼらな私はそこまで気になりませんでしたが。

ちなみに私の妻は、ちょっと耳が痛いって言ってました。

音に慣れるのに、ちょっと時間がかかりました

5. 収納ケースのチープ感

収納ケースのチープ感は否めません。

よくあるエコバックのような素材感です。

縫製部分の強度はそこまで高くはないでしょう。

例えば、YOGOGOの付属ケースは丈夫な綿帆布です。

比べるとちょっと差が出てしまいますね。

ケースが付いているだけありがたいですよね

普通は付いてないのが一般的なので

【メリット】実際にクイックキャンプ アルミペグハンマーを使ってみて良かった点6つ

メリット6つ

続いて、実際に使ってみて感じた良かった点をお伝えします。

良かった点は次の6つです。

ここが良かった!6つのポイント
  1. とにかく軽い!持ち運びもらくらく
  2. 堅い地面でも思ったより打ち込める
  3. ママや子どもでも使いやすい
  4. ペグ抜きも十分使いやすい
  5. シンプルで無駄のないシャープなデザインがカッコいい
  6. 付属の収納ケースが便利

順番に説明していきます。

1. とにかく軽い!持ち運びもらくらく

女性でも軽々と持ち運べます
これにはママも納得

とにかく軽い。

これに尽きます。

持ち運びもラクチンで、全く苦になりません。

クイックキャンプのアルミペグハンマーの重量は約350g

例えば、500mlのペットボトル飲料の重量は約530gほどです。

350mlの缶ビールなんかがちょうど350g程度。

とっても軽々ですね。

850gの超重量級ペグハンマーを愛用している筆者にとっては、まさに感動的でした。

2. 堅い地面でも思ったより打ち込める

堅い地面でも思ったより打ち込めましたよ。

果たして、堅い地面でも通用するのか?

軽いペグハンマーのいちばんの懸念材料ですよね。

通常の地面はもちろん、砂利やカチカチで頑固な地面でも検証しました。

堅い土
石がゴロゴロ
頑固な地面

結果的には、特に問題はありませんでした。

頑丈な鋳鉄製(ちゅうてつせい)ヘッドのおかげで、十分通用していましたよ。

ただ、軽さゆえ打ち込む回数は多くなります。

少し力が必要になるので、ちょっと疲れましたね。

また、種類の違うペグで、打ちごこちを確かめてみました。

使ったペグは次の3つ。

  • 鍛造ペグ
  • スチールペグ
  • 簡易ペグ
左:鍛造ペグ、中央:スチールペグ、右:簡易ペグ

やっぱり、鍛造ペグが最も打ちごこちが良く、相性がいいですね。

打っていて、とっても心地よかったです。

ハードはフィールドでは、頑丈な鍛造(たんぞう)ペグの使用がマストです

3. ママや子どもでも使いやすい

ママがペグ打ち挑戦中

ママや子どもでも扱いやすいので、非常に助かります。

重くてごついハンマーだと、ママや子どもにとってはちょっと危険で心配ですよね。

このアルミペグハンマーは軽くてとっても扱い易い。

ママや子どもにペグ打ちを任せても安心です。

特に、子どもたちはペグ打ちを楽しんでくれます。

さまになってきた

親としては嬉しいかぎりですね。

子ども用として購入するのも、十分ありです。

4. ペグ抜きも十分使いやすい

ペグ抜きとしても、十分使いやすかったです。

3タイプの異なる形状のペグ抜きを搭載。

様々なフィールドやペグの種類に対応できます。

簡易ペグもらくらく引っこ抜き

ごらんの通り、ピクニックテント付属のペグなんか簡単に引っこ抜くことが可能。

特にショベル型の形状が、めちゃくちゃ抜きやすかったです。

ショベル部分でグイっと

堅い地面に打ち込まれた鍛造(たんぞう)ペグも、ショベル部分でグイっと。

てこの原理を使えば、楽に引き抜くことが出来ます。

また、このショベル部分は土の掘り起こしも出来て、意外と便利でした。

穴掘りも出来ちゃう

5. シンプルで無駄のないシャープなデザインがカッコいい

デザイン面も改めて惚れました。

シンプルで無駄ないシャープなデザインがカッコいいです。

サンドベージュのカラーはとても高級感があって、全然安っぽく感じません。

意外と自然にもよく溶け込んでくれるので、全く違和感がない。

よく見る木製ハンドルのハンマーよりも、スタイリッシュで個人的には好きです。

6. 付属の収納ケースが便利

付属の収納ケースがけっこう便利で助かります。

わざわざ本格的なギアケースに入れておくのはおっくうですからね。

車の荷台のすみに入れて、すぐに取り出せるようにしています。

丈夫な鍛造(たんぞう)ペグも数本セットにしておけば、さらに安心ですよ。

【口コミは?】クイックキャンプ アルミペグハンマーの気になる口コミをピックアップ

口コミは?

気になる口コミをピックアップ

ここまでは私の感想をお伝えしてきましたが、やっぱり他の人の意見も気になりますよね。

というわけで、オンライン販売サイトから、気になる口コミをいくつかピックアップしてみました。

私の見解も交えてお伝えしていきますね。

評判がいまいちな意見

まずは、ちょっと評判のいまいちな意見から。

いまいちな感想
  • 結局もっと重いハンマーが欲しくなりました
  • コスパはいいけどちょっと疲れる
  • 軽いので硬い地面では疲れます
  • もうちょっと重い方が打ち込みやすいかも
  • ちょっと軽すぎ、使いにくかった
  • 地盤が硬いと、ペグ打ちに少し強い力が必要

軽さによるパワー不足を感じる意見が多い印象

本格派志向のかたにはちょっと物足りないのかも

評判の良い意見

続いて、とっても評判の良い意見

グッドな感想
  • テントやタープ付属のハンマーがしょぼくて使えない時は、これがおすすめ
  • 子供や女性が扱うには丁度良い
  • 軽量で丈夫だしコスパが良い
  • 現在2本目として重宝しています
  • キャンプ雑誌でお勧めされていた
  • 鍛造ペグも問題なく打ち込めます
  • デザインはこだわりたいけど、お金はかけたくないならこれ
  • ピクニック用途にちょうどいい
  • お手軽、もう1本ほしい

軽くて扱いやすいっていう意見が圧倒的に多いですね

子どもや女性でも安心というのは助かります

2本面やサブとしても購入されるかたも

ピクニックでポップアップテント付属の簡易ペグを打つのにちょうどいい
Amazonの口コミをもっとみたいあなたは
楽天の口コミをもっとみたいあなたは

ライトユーザーにめちゃくちゃ評判が良い

口コミをまとめます。

ガチのメインハンマーを求めて購入すると、少し後悔しがちなようですね。

本格万能型ハンマーを求める方には、やっぱり王道の「スノーピーク」か「村の鍛冶屋」を買うのをおすすめします。

ただ、クイックキャンプアルミペグハンマーは、女性やお子さま含めたライトユーザーには、めちゃくちゃ評判が良いことが分かりました。

やっぱり軽さは正義ですね

\クイックキャンプのアルミペグハンマーを/
〇おすすめな人
  • 初心者ファミリーキャンパー
  • 女性やお子さま
  • バイクや徒歩キャンパー
△おすすめしない人
  • キャンプガチ勢
  • 本格的なペグハンマーを求める人
  • 新しいもの好き

【比較】クイックキャンプのアルミペグハンマーと比べた5つの商品

コスパや軽さに秀でたペグハンマーって、いっぱいあって迷いますよね。

そこで、実際に私が迷って比べた商品との比較をご紹介します。

私がクイックキャンプ アルミペグハンマーと最後まで比べた商品は、次の5つです。

どれもコスパや軽さに特化したペグハンマーで、人気の商品です。

ここで、あらためて私がペグハンマーに求める条件をおさらい。

ペグハンマーに求める3つの条件
  1. とにかく軽量:300~400g
  2. 手の届きやすい価格:2,000円前後
  3. 安心の国産ブランド:ペグハンマーとしての品質

この3つの条件に照らし合わせて、比較していきましょう。

商品画像をクリックすると、Amazonですぐにチェックできます
製品 参考価格(Amazon) 重量 本体サイズ 素材 付属品
QUICK CAMP(クイックキャンプ)
アルミペグハンマー
¥1,860 約350g 31cm ヘッド:鉄
グリップ:アルミ合金
収納袋
RATELWORKS(ラーテルワークス) ¥1,980 31cm ヘッド:ステンレス鋼&真鍮
ハンドル:アルミ
なし
YOGOTO(ヨゴト) ¥2,180 約643g 30cm ヘッド:スチール
グリップ:木
綿帆布の収納ケース
CARBABY ¥2,180 約300g 30.5cm ヘッド:ステンレス合金
グリップ:アルミ合金
なし
MURACO(ムラコ)
カラジャス ペグハンマー
¥4,400 約234g 27.5cm ヘッド:ステンレス なし
MSR
ステイクハンマー
¥4,950 約312g 28.5cm ヘッド:ステンレス
グリップ:アルミシャフト
なし

どれもとっても魅力的だと思いませんか?

しかし、私の希望にピッタリ当てはまったのは、クイックキャンプのアルミペグハンマーだけ

軽さ・コスパ・品質と筆者の要望をすべて満たした、納得のペグハンマーというわけです。

筆者
筆者

正直、予算があれば

「MSRのステイクハンマー」が一番よかったです

【基本情報】クイックキャンプのアルミペグハンマーは軽量・低価格・高品質の3拍子そろったペグハンマー

基本情報

クイックキャンプ アルミペグハンマーの基本情報

最後に、クイックキャンプのアルミペグハンマーの基本情報をお伝えしておきます。

すでに購入を検討しているあなたにとっては不要かもしれませんね。

しかし、いったん冷静になって整理しておきましょう。

商品特徴

大きな特徴は次の5つ。

QUICK CAMP(クイックキャンプ)アルミペグハンマー

商品特徴

軽量アルミ合金性グリップ

強度の高い鋳鉄製ヘッド

すっぽ抜け防止のストラップ

3種のペグ抜き

収納袋付き

商品SPEC

スペックは次のとおりです。

SPEC
本体サイズ長さ31cm×幅11cm
重量約350g
素材ヘッド:鉄、グリップ:アルミ合金
付属品収納袋
参考価格¥1,860(税込み)

クイックキャンプのアルミペグハンマーは初心者向けの万能型ペグハンマー

クイックキャンプのアルミペグハンマーは、価格と重量を抑えつつも、機能性にもこだわったアルミ製のペグハンマー です。

高級感のあるサンドベージュカラーは、どんなアウトドアシーンにもよくマッチします。

ヘッドには鋳鉄を採用しているため強度もバツグン。

持ち手はアルミ合金を使用することにより軽さとタフさを実現。

女性や子どもでも、安定した叩き心地を感じることが出来るでしょう。 

ペグ抜き機能にすっぽ抜け防止ストラップ、収納袋まで備えた便利機能が抜け目なし。

まさに、初心者向けの万能型ペグハンマーというわけです。

まとめ】クイックキャンプのアルミペグハンマーは、ライトな初心者ファミリーキャンパーのあなたにこそおすすめです

子どもと楽しくキャンプや外遊びを楽しみたいなら、絶対持っていて損はない

クイックキャンプのアルミペグハンマーは、ライトな初心者ファミリーキャンパーのあなたにうってつけのペグハンマーです。

本格志向のキャンプガチ勢には、正直、物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、子どもと楽しくキャンプや外遊びを楽しみたいなら、絶対持っていて損はないはず

実際に使用してみた感想は次のとおりです。

〇【メリット】良かった点
  • とにかく軽い!持ち運びもらくらく
  • 堅い地面でも十分打ち込める
  • ママや子どもでも使いやすい
  • ペグ抜きも十分使いやすい
  • シンプルで無駄のないシャープなデザインがカッコいい
  • 付属の収納ケースが便利
△【デメリット】気になる点
  • すっぽ抜けやすい
  • 打面は大きいわけではない
  • 耐久性は未知数
  • 音が大きく響く
  • 収納ケースのチープ感

もちろん、良かった点もあれば、気になる点もあります。

しかし、クイックキャンプのアルミペグハンマーは、軽さ・コスパ・品質と筆者の要望をすべて満たした、とっても優秀なハンマーでした

というわけで、我が家は親子で楽しみながら、アウトドアライフを満喫しています。

\クイックキャンプのアルミペグハンマーが/
〇おすすめな人
  • 初心者ファミリーキャンパー
  • 女性やお子さま
  • バイクや徒歩キャンパー
△おすすめしない人
  • キャンプガチ勢
  • 本格的なペグハンマーを求める人
  • 新しいもの好き

絶対に失敗したくないあなたへ

キャンプギア選び、絶対失敗したくないですよね。

そんなあなたに朗報です。

絶対に失敗したくないあなたへ

180日間の製品保証で安心

初回お届け日から180日間、適切な使用方法及び用途において製品に起因する不具合が発生した場合、無償で修理もしくはパーツ交換等対応いたします。

引用:QUICK CAMP公式オンラインショップ

QUICK CAMP(クイックキャンプ)の商品は手厚い保証が充実

メーカーとしての良心を感じとることが出来て、とても好感が持てます。

これなら、安心して購入することが出来ますよね。

広告
使わなくなったキャンプギア 眠っていませんか?

使わなくなったキャンプギア、倉庫に眠ったままにしていませんか? 

そんなあなた、もったいないですよ。

アウトドア用品専門買取【JUST BUY】なら、査定無料で即現金化。

いらないものはサクッと整理しちゃいましょう。
新たなキャンプギアが待ってます!

スポンサーリンク
『あしたはキャンプ!!』

コメント

タイトルとURLをコピーしました