キャンプギア

初心者が選ぶはじめての小型キャンプケトルおすすめ9選!

キャンプギア
スポンサーリンク

キャンプで手軽にコーヒーやカップ麺を楽しみたいって思っているあなた

迷える初心者キャンパー
迷える初心者キャンパー

コンパクトなやかん型のキャンプ用ケトルが欲しい

でも、ケトルって種類や商品が多すぎてどれを選べばいいか分からない

手っ取り早くおすすめの商品が知りたい

って、悩んでいませんか?

迷える初心者キャンパー
迷える初心者キャンパー

小型のケトルってパッと見た感じどれも一緒にしか見えない

ぶっちゃけ、「どれを選んでも同じでしょ」

違いを比べて選ぶのってとってもめんどくさいわ

そんなあなたに向けて、
初心者でも手軽にコーヒーやカップ麺が楽しめるキャンプケトル9つご紹介します

小型アウトドアケトルおすすめ9選
  1. VASTLAND(ヴァストランド)
  2. CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
  3. Coleman(コールマン) パッカウェイケトル
  4. CAMPING MOON(キャンピングムーン) アルマイト フェミナ ケットル
  5. mont‐bell(モンベル) アルパインケトル
  6. UNIFLAME(ユニフレーム) 山ケトル700
  7. LOGOS(ロゴス) ザ・ケトル
  8. trangia(トランギア) 325ケトル
  9. G.G.N.(ジージーエヌ) 【Amazon限定ブランド】ケトル

すべて容量1リットル以下のコンパクトなケトル。
初心者でも扱いやすいアルミ製に厳選しました。

ちなみに、コーヒーやカップ麺に必要なお湯の量は下記のとおり。

  • コーヒー:200ml
  • インスタントスープ:150ml
  • カップ麺
    • カップヌードル / 300ml
    • どん兵衛 / 410ml
    • UFO / 460ml


容量1リットルもあれば十分ですよね。

つまり、今回ご紹介する中から選べばまず間違いなし。

中でも私のいちばんのおすすめは「ヴァストランド」のコンパクトケトル。
実際に購入して愛用している私のお気に入りです。
迷ったらこちらをおすすめします。

筆者
筆者
VASTLAND(ヴァストランド) キャンプケトル

レビュー記事も現在執筆中です

乞うご期待

本記事では小型の初心者向けキャンプケトルをご紹介します。
ケトルの簡単な特徴や失敗しない選び方まで網羅。

この記事で分かること
  • キャンプでコーヒーやカップ麺が手軽に楽しめるケトル
  • キャンプケトルの必要性と魅力
  • 初心者におすすめのキャンプケトル
  • 素材やフォルムにこだわった3つのケトル
  • キャンプケトルと失敗しない選び方
  • 筆者イチオシのキャンプケトル

この記事を読めば、
きっとあなたにピッタリのキャップ用ケトルが見つかります。

キャンプでサクッと手軽に温かいコーヒーブレイクを楽しみましょう。

スポンサーリンク

【はじめに】キャンプにケトルって必要なの?

キャンプケトルの必要性

まずは「キャンプにケトルっているの?」
というまだ半信半疑なあなた。

私も正直同じように思っていました。
しかし、今ではアウトドアでめちゃくちゃ使ってます。
間違いなく買ってよかったって思うアイテムのひとつ。

でもまぁ疑う気持ちも分かります。
そんなあなたのために、
アウトドアケトルについて簡単に説明します。

筆者
筆者

とっととおすすめの商品が知りたいあなたはこちらをクリック

ポイントは次の3つの観点。

知っておきたいアウトドアケトル重要な3つのこと
  • アウトドアケトルの必要性
  • アウトドアケトルの懸念事項
  • アウトドアケトルの魅力

アウトドアケトルの必要性

まずはアウトドアケトルの必要性です。

正直、キャンプにケトルは必ずしも必要ではありません。

しかし、持っていて絶対に損はないアイテム

お湯を沸かすだけなら他にも手段はあります。

例えば、

  • メスティン
  • シェラカップ
  • クッカー

上記を代用すればお湯を沸かすことが十分可能です。

ただ、調理をしている時には湯沸かし出来ませんよね。

アウトドアケトルとは、湯沸かしのスピードや注ぎやすさを追及したアイテム。

必要な時にすぐ使えるその手軽さが大きな魅力

つまり、持っているとより一層キャンプタイムが充実するというわけです。

アウトドアケトルの懸念事項

次にアウトドアケトルの懸念事項です。

アウトドアケトルって絶対に持っていて損は無いアイテムです。

しかし、選び方を間違えると思わぬストレスの原因となってしまいます。

そんなアウトドアケトルの懸念点を集めました。

よくあるアウトドアケトルの失敗談
  • 注ぐとき蓋が落ちる
  • 思ったよりかさばる
  • 注ぎ口から垂れる
  • 持ち手がめちゃくちゃ熱くて持てない
  • 水が記載の容量ほど入らない
  • 水を淹れたら鉄の味がした

上記は私自身の経験や口コミなどからピックアップしました。

あなたが選ぶ際に、ぜひ参考にしてください。

きっと失敗する確率がグンと下がりますよ。

筆者
筆者

ケトルの内側の質感もメーカーによって全然違います

要チェックですよ

アウトドアケトルの魅力

最後に、小型のアウトドアケトルの魅力をお伝えします。

小型キャンプ用ケトルの魅力は大きく次の3つ。

アウトドアケトルの魅力
  1. 短時間でお湯が沸く
  2. 注ぎやすい
  3. 持ち運び楽

「ゆっくりコーヒーでも飲もうかな」

筆者
筆者

朝一のコーヒータイムは至高のひと時ですよ

「なぜかついつい食べたくなるカップ麺」

ママ
ママ

夜中に食べるカップ麺の背徳感がたまらん

そんな時、キャンプ用のケトルが大活躍するというわけです。

スポンサーリンク

【ベスト9】小型キャンプケトルおすすめ9選

おすすめ9選

私がおすすめする小型のキャンプケトルは次の9つ。

ちなみに、すべて小さいやかん型のタイプのみに厳選しています。

筆者
筆者
クリックすると各おすすめ商品にジャンプします

1.VASTLAND(ヴァストランド)キャンプケトル

1.VASTLAND(ヴァストランド)キャンプケトル

おすすめ度:5.0

基本情報

材質:アルミニウム(アルマイト加工)
容量:700ml
重量:150g
商品寸法(長さx幅x高さ):15 x 15 x 8 cm
収納袋付属:有り
別サイズ:1,300mlあり
参考価格(Amazon):¥1,780

今、もっとも熱くて勢いのあるキャンプブランド「VASTLAND(ヴァストランド)」のキャンプケトル。

2022年5月に発売したばかりの新商品です。

大きな特徴は次のとおり。

VASTLAND(ヴァストランド)キャンプケトルの特徴
  • 熱伝導率が高いアルミニウム素材を採用
  • 本体表面には耐食性に優れた硬質アルマイト加工
  • 取っ手は熱くなりにくい、シリコーンコーティング
  • 軽量コンパクト設計

気になる口コミをピックアップ。

口コミをチェック

・コスパがめちゃくちゃ良い、安いけどしっかりしている
・大きさもちょうどいい、コーヒー2杯分、カップ麺用に最適
・表記のとおり水を入れると溢れそう、適正容量とは違うみたい
・蓋の持ち手が小さめで折りたたみタイプなので、指の太い私は少しつまみづらい
・取っ手のシリコンコーティングが熱さを感じにくいので助かる
・落ち着いたマット仕上げの塗装が安っぽくなくて気に入ってます

筆者
筆者

私もこちらを購入しました

この品質で2,000円以下の超ハイコスパが決め手

筆者
筆者

レビュー記事も現在執筆中

乞うご期待ください

2.CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) アルミキャンピングケットル

2.CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)アルミキャンピングケットル

おすすめ度:5.0

基本情報

材質:アルミニウム(アルマイト加工)
容量(満水):700m
容量(適正):550ml
重量:137g
商品寸法(長さx幅x高さ):13 x 15 x 7.7 cm
収納袋付属:-
別サイズ:1,300mlあり
参考価格(Amazon):¥1,500

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) のアルミケトルです。

Amazonで一番売れている商品がこのケトル。

大きな特徴は次のとおり。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) アルミキャンピングケットルの特徴

気になる口コミをピックアップ。

口コミをチェック

・90°くらい倒してもフタが落ちないのが地味に良い
・軽くてコンパクトで使いやすい、マットグレーの質感もかわいい
・取っ手の中央が引っ掛けやすくなっているのが良い
・1.3リットルのほうでも良かったかも
・シンプル イズ ベスト
・Amazonで1,500円とかコスパ良すぎ

筆者
筆者

Amazonベストセラー1位は見逃せないですね

ランキングをチェックしたいかたはこちらから

3.Coleman(コールマン) パッカウェイケトル

3.Coleman(コールマン) パッカウェイケトル

おすすめ度:5.0

基本情報

材質:アルミニウム(ハードアノダイズド加工)
容量:600ml
重量:150g
商品寸法(長さx幅x高さ):15 x 13 x 8 cm
収納袋付属:有り
別サイズ:-
参考価格(Amazon):¥2,619

安心と信頼のColeman(コールマン)のケトル。

先のキャプテンスタッグ同様Amazonの売れ筋ランキングで常にトップを争う人気商品です。

大きな特徴は次のとおり。

Coleman(コールマン) パッカウェイケトルの特徴
  • 熱効率が良いアルミニウム製
  • 傷がつきにくいハードアノダイズド加工
  • 滑りにくいシリコンハンドル
  • メッシュポーチ付き
  • 最後まで傾けてもフタが外れない設計

気になる口コミをピックアップ。

口コミをチェック

・軽くて使いやすくて最高です
・2人分のコーヒーを淹れるのにちょうどいい
・さすがコールマン、最初他の安いのを買ったらすぐ壊れてたけどこれは全然大丈夫
・フタが外れないので最後まで注げる
・コーティング加工のおかげか、汚れが目立たない

筆者
筆者

なんとあの人気キャンプ芸人ヒロシさんの愛用ギアとしても有名です

4.CAMPING MOON(キャンピングムーン) アルマイト フェミナ ケットル

4.CAMPING MOON(キャンピングムーン) アルマイト フェミナ ケットル

おすすめ度:4.8

基本情報

材質:アルミニウム(アルマイト加工)
容量:1,000ml
重量:180g
商品寸法(長さx幅x高さ):15 x 15 x 8.5 cm
収納袋付属:有り
別サイズ:1,500mlあり
参考価格(Amazon):¥1,580

CAMPING MOON(キャンピングムーン)のケトルです。

注目は1,000mlの容量。

他の商品は600~700mlが主流ですので、少し多めになってます。

大きな特徴は次のとおり。

CAMPING MOON(キャンピングムーン) アルマイト フェミナ ケットルの特徴
  • 軽量でコンパクトでありながら1リットルの容量
  • 錆びにくく傷つきにくいアルマイト加工
  • 液だれしにくい注ぎ口
  • 収納に便利なメッシュバッグ付き

気になる口コミをピックアップ。

口コミをチェック

・コスパが抜群
・コンパクトバーナーにちょうどいい
・取っ手のグリップが持ちやすい
・可もなく不可もない、シンプルでいい
・マットグレーの質感が渋い

筆者
筆者

CAMPING MOON(キャンピングムーン)と言えば、このメッシュ焚き火台がすごい人気だね

五徳にケトルがちょうどよさそう

5.mont‐bell(モンベル) アルパインケトル

5.mont‐bell(モンベル) アルパインケトル

おすすめ度:4.8

基本情報

材質:アルミニウム(ハードアナタイズド加工)
容量:600ml
重量:280g
商品寸法(長さx幅x高さ):16.4 x 16.2 x 8.6 cm
収納袋付属:有り
別サイズ:900mlあり
参考価格(Amazon):¥2,395

mont‐bell(モンベル) のケトルです。

黄色の取っ手がひと際、目を惹きますね。

大きな特徴は次のとおり。

mont‐bell(モンベル) アルパインケトルの特徴
  • アルパインクッカーシリーズとピッタリスタッキング可能
  • 抜群の耐食・耐摩耗性(ハードアナダイズド加工)
  • 通気性の高いメッシュのスタッフバッグが付属します

気になる口コミをピックアップ。

口コミをチェック

・機能性 耐久性 映え感どれも半端ない
・取っ手の黄色がちょっと抵抗あります
・黄色がおしゃれ
・アルパインシリーズで揃えるとめちゃかわいい
・モンベル好きにはたまらない

6.UNIFLAME(ユニフレーム) 山ケトル700

6.UNIFLAME(ユニフレーム) 山ケトル700

おすすめ度:4.5

基本情報

材質:アルミニウム(アルマイト加工)
容量(満水):700ml
容量(適正):600ml
重量:163g
商品寸法(長さx幅x高さ):14.7 x 14.7 x 7.1cm
収納袋付属:有り
別サイズ:-
参考価格(Amazon):¥4,000

UNIFLAME(ユニフレーム) のアルミケトルです。

大きな特徴は次のとおり。

UNIFLAME(ユニフレーム) 山ケトル700の特徴
  • ステンレス製のハンドルは穴の効果で熱くなりにくい
  • コンパクトでかさばりにくい、極力出っ張りを無くす工夫
  • 短く工夫された注ぎ口
  • 名前のとおり、登山者にも人気
  • 別売りのクッカーセット「fan5」の中にスタッキングが可能

気になる口コミをピックアップ。

口コミをチェック

・取っ手【ハンドル】を持つと普通に熱いので要注意、火傷します
・注ぐときにフタが外れることがあります
・中華製の安いケトルは鉄臭さがあったが、こちらは全然そんなことなかった、さすが日本製
・注ぎ口から全然たれないから、テーブルを濡らす心配がない
・クッカーも揃えたくなる

筆者
筆者

ユニフレームのクッカーセット「fan5」はこちら

やっぱり揃えたくなっちゃいますね

7.LOGOS(ロゴス) ザ・ケトル

7.LOGOS(ロゴス) ザ・ケトル

おすすめ度:4.5

基本情報

材質:アルミニウム(アルマイト加工)
容量:750ml
重量:150g
商品寸法(長さx幅x高さ):15 x 15 x 6.2 cm
収納袋付属:有り
別サイズ:-
参考価格(Amazon):¥4,500

初心者ファミリーの味方、LOGOS(ロゴス)です。

ロゴスにしては渋いデザインですね。

大きな特徴は次のとおり。

LOGOS(ロゴス) ザ・ケトルの特徴
  • 傷付きにくく耐久性の高いハードアルマイト加工
  • 安定感のある広めの底
  • 鋳鉄のようなノスタルジックな風合いが、暖炉や囲炉裏にもフィット

気になる口コミをピックアップ。

口コミをチェック

・すごい軽いので登山用に使ってます
・個体によって注ぎ口の根本から漏れがあります
・高さが低いおかげでパッキングがしやすいです
・フタのおさまりが少し不安定な場合があります
・底が広いので安定感がめちゃくちゃ良いです
・ロゴスっぽくないカッコいいデザインが逆に気に入ってます

筆者
筆者

艶消しな感じがレトロでカッコいいですね

ふたもフラットなのが特徴的

8.trangia(トランギア) 325ケトル

8.trangia(トランギア) 325ケトル

おすすめ度:4.3

基本情報

材質:アルミニウム(無垢)
容量:600ml
重量:140g
商品寸法(長さx幅x高さ):13.5 x 13.5 x 7.5 cm
収納袋付属:-
別サイズ:-
参考価格(Amazon):¥2,479

メスティンでおなじみ、trangia(トランギア)のケトルです。

ちなみに、トランギアってスウェーデンのアウトドアブランド。

クッカーは絶対にトランギアっていうほどこだわりのファンが多いですね。

大きな特徴は次のとおり。

trangia(トランギア) 325ケトルの特徴
  • スウェーデンらしい独特のデザイン
  • 無垢のアルミ製
  • 昔ながらのシンプルレトロな雰囲気
  • 使い込めば使い込むほど味が出る質感

気になる口コミをピックアップ。

口コミをチェック

・使っていくうちに黒くすすけてきましたが、いい雰囲気に仕上がってきました
・垂直に傾けてもフタが外れない、最後まで片手で注げる
・クッカー系はトランギア一択
・シンプルでいい
・使い込むほど愛着が沸くアイテム
・かなり細く注げるのでコーヒードリップに使いやすい
・焚き火用と料理用で2つ使い分けています

筆者
筆者

さすがデザイン大国スウェーデンらしい機能美ですね

9.G.G.N.(ジージーエヌ) 【Amazon限定ブランド】

9.G.G.N.(ジージーエヌ) 【Amazon限定ブランド】

おすすめ度:4.0

基本情報

材質:アルミニウム(無垢)
容量:800ml
重量:190g
商品寸法(長さx幅x高さ):15.3 x 15.3 x 6.3 cm
収納袋付属:—
別サイズ:—
参考価格(Amazon):¥1,978

最後はAmazon限定ブランドG.G.N.(ジージーエヌ) のケトル。

メーカー品にこだわらなければ十分なケトルです。

大きな特徴は次のとおり。

G.G.N.(ジージーエヌ) 【Amazon限定ブランド】の特徴
  • 熱伝導率の良いアルミ製
  • 取っ手には滑りにくいラバーグリップ
  • 注ぎやすいアヒル口形状
  • 軽量コンパクト設計

気になる口コミをピックアップ。

口コミをチェック

・フタはちょっとゆるめで外れやすい
・わざわざメーカー品でなくても十分でした
・安定のAmazonセレクト
・フタのつまみがパタパタ倒れるのが惜しい
・コスパいい
・機能面99点!コスパ99点!所有欲0点

スポンサーリンク

【比較】スペック比較表で細かくチェック

比較表

比較しやすいように表にまとめました。

細かなスペックなど比べてみましょう。

商品名クリックでAmazonに飛べます
商品画像商品名おすすめ度参考価格(Amazon)材質満水容量   適正容量重量商品寸法
(長さx幅x高さ)
収納袋付属    別サイズ      Amazonリンク
     VASTLAND(ヴァストランド) 5.0             ¥1,780アルミニウム
(アルマイト加工)
700m150g15 x 15 x 8 cm1,300mlあり       Amazon    
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)5.0¥1,500アルミニウム
(アルマイト加工)
700m550ml    137g13 x 15 x 7.7 cm       1,300mlあり Amazon    
Coleman(コールマン)
パッカウェイケトル
5.0¥2,619アルミニウム
(ハードアノダイズド加工)
600ml150g15 x 13 x 8 cm Amazon           
CAMPING MOON(キャンピングムーン)
アルマイト フェミナ ケットル
                 
4.8¥1,580アルミニウム
(アルマイト加工)
1,000ml 180g15 x 15 x 8.5 cm1,500mlあり Amazon
mont‐bell(モンベル)
アルパインケトル
4.8¥2,395アルミニウム
(ハードアノダイズド加工)           
600ml280g‎16.4 x 16.2 x 8.6 cm900mlあり Amazon
UNIFLAME(ユニフレーム)
山ケトル700
         
4.5¥4,000アルミニウム
(アルマイト加工)
700m550ml163g14.7 x 14.7 x 7..1cm Amazon
LOGOS(ロゴス) ザ・ケトル4.5¥4,500アルミニウム
(アルマイト加工)
750ml150g15 x 15 x 6.2 cm Amazon   
trangia(トランギア) 325ケトル4.3¥2,479アルミニウム
(無垢)
600ml140g13.5 x 13.5 x 7.5 cm          Amazon   
【Amazon限定ブランド】
G.G.N.(ジージーエヌ)
             
4.0¥1,978アルミニウム
(無垢)
800ml190g15.3 x 15.3 x 6.3 cm Amazon   
※参考価格は2022/8/24時点
➡右にスクロールできます

【番外編】特徴的な3つのキャンプケトル

番外編

ここで、ある特徴に特化したキャンプケトルも【番外編】としてご紹介します。

先にご紹介した9つのケトルは、初心者にも扱いやすい割とオーソドックスなタイプに厳選しました。

しかし、この番外編では材質やフォルムに特徴のあるケトルを3つだけご紹介

「普通のじゃつまらない」っていうあなたは、知っておいて損は無いですよ。

商品名クリックでAmazonに飛べます
商品画像   商品名こだわりポイント参考価格(Amazon)材質満水容量   重量商品寸法
(長さx幅x高さ)
収納袋付属    別サイズ      Amazonリンク        
  Fire-Maple(ファイアメイプル)
ANTARCTI ステンレスケトル
フルステンレス製       ¥3,960フルステンレス1,000ml295g15.2 x 15.2 x 10.6 cm-       Amazon
FIELDOOR(フィールドア)
チタンケトル
                 
チタン製¥5,600チタン700ml 150g14.5 x 14.5 x 6 cm Amazon
BUNDOK(バンドック)
アルミ ケトル
四角いフォルム¥3,850アルミニウム
(アルマイト加工)       
350ml105g8.5 x 15.5 x 6.2 cm             Amazon
 ※参考価格は2022/8/24時点
➡右にスクロールできます
筆者
筆者

各こだわりポイントに要注目!

Fire-Maple(ファイアメイプル) ANTARCTI ステンレスケトル

Fire-Maple(ファイアメイプル) ANTARCTI ステンレスケトル

基本情報

材質:フルステンレス
容量:1,000ml
重量:295g
商品寸法(長さx幅x高さ):15.2 x 15.2 x 10.6 cm
収納袋付属:有り
別サイズ:—
参考価格(Amazon):¥3,960

まずは、Fire-Maple(ファイアメイプル)のケトル。

Fire-Maple(ファイアメイプル)って?

ずばり、焚き火で愉しむためのケトルです。

その理由はアルミよりも高火力に耐えられるフルステンレス製。

焚き火でガンガン使いたいワイルドなあなた向け。

大きな特徴は次のとおり。

Fire-Maple(ファイアメイプル) ANTARCTI ステンレスケトルの特徴
  • 直火にそのままかけられる(焚き火で愉しむことが可能)
  • フルステンレス製で錆びの心配もなし
  • 注ぎやすい設計の注ぎ口
  • 小型ながら、満足の容量1リットル
  • ハンドルを立てたままロック出来る

気になる口コミをピックアップ。

口コミをチェック

・お値段以上のクオリティ
・ソロにしては1,000mlは容量が多すぎかも、700mlくらいなら最高
・ステンレスの輝きが最高にかっこいい、使い込むほど出る味がたまらんです
・焚き火で使えるものを探していました。アルミより耐久性があって気に入ってます
・ステンレス製のものは5,000以上が相場、その中でこの価格はかなりのハイコスパ

筆者
筆者

あの有名キャンプギア紹介ユーチューバーのFUKUさんもおすすめのケトル

一目惚れの即買いアイテムとして紹介されています

FIELDOOR(フィールドア) チタンケトル

FIELDOOR(フィールドア) チタンケトル

基本情報

材質:チタン
容量:700ml
重量:150g
商品寸法(長さx幅x高さ):14.5 x 14.5 x 6 cm
収納袋付属:有り
別サイズ:—
参考価格(Amazon):¥5,600

続いてFIELDOOR(フィールドア)のケトルです。

注目ポイントは軽くて強いチタン製。

チタンの魅力は何より頑丈さ軽さ

そして優れた耐食性(さびにくさ)です。

とにかく荷物を軽量化したいソロキャンやツーリングキャンパーにおすすめ。

大きな特徴は次のとおり。

FIELDOOR(フィールドア) チタンケトルの特徴
  • 軽くて強いチタン製ケトル
  • 効率よく火を受けられる広い底面
  • 安心のシリコンカバーハンドル
  • 開口部が広くお手入れしやすい
  • 収納袋付属

気になる口コミをピックアップ。

口コミをチェック

・チタンの風合いが好き、チタンマニアにはたまらないアイテム
・アルミよりあきらかに軽くて頑丈、買ってよかった
・注ぎ口の形状が少し垂れやすい気がします
・放熱が早いのでハンドルカバーがなくても握れます
・ハンドルとふたのつまみが自立するので使い勝手がいい
・とにかくカッコいい、チタンはロマンがあって所有欲を満たしてくれる

筆者
筆者

チタンという響きがすでにカッコいい

値は張りますが素材にこだわるのも良いですね

BUNDOK(バンドック) アルミ ケトル

BUNDOK(バンドック) アルミ ケトル

基本情報

材質:アルミニウム(アルマイト加工)
容量:350ml
重量:105g
商品寸法(長さx幅x高さ):8.5 x 15.5 x 6.2 cm
収納袋付属:—
別サイズ:—
参考価格(Amazon):¥3,850

最後はBUNDOK(バンドック)のケトルです。

見た目がとにかく特徴的。

コンパクトで四角いフォルムが、従来のやかん型とは一線を画すデザインです。

形状から想像できるとおり、メスティンにスッポリと収まります。

やかん型では物足りない、斬新なデザインが好きなあなたにおすすめ。

大きな特徴は次のとおり。

BUNDOK(バンドック)ケトルの特徴
  • 四角い独特のフォルム
  • 熱伝導率の高いアルミ製
  • 容量350mlととにかくコンパクト
  • 同社のアルミクッカーMにピッタリ収まる(湯煎も可能)
  • 収納もコンパクト

気になる口コミをピックアップ。

口コミをチェック

・とにかく軽くてコンパクトで持ち運びしやすい
・400mlくらいあればもっと良かった
・メスティンにおさまるのが助かる
・メスティンによっては収まりが悪い場合がある
・注ぎ口が短すぎてふきこぼれたりします
・登山に持っていくのに最高のサイズ感
・ラージサイズがあると良いね

筆者
筆者

四角いフォルムがカッコいいね

【失敗しない選び方】ケトル選び3つのポイント

選び方

キャンプ用のケトル選び、絶対に失敗したくないですよね。

ケトル選びで重要なポイントは次の3つです。

アウトドアケトル選び3つのポイント
  1. 容量
  2. 材質
  3. デザイン

順番に説明していきます。

1.容量

容量は使用する人数(キャンプを行う人数)を考慮しましょう。

目安としては1リットルを基準とするのが分かりやすいです。

容量人数目安補足
1リットル未満ソロや2~3人でのキャンプなど※0.7リットル前後の商品が多い
1リットル以上  4人以上で行うファミリーキャンプなど     ※1.5~2リットル程度の商品が多い 
 3リットル程の大容量もあり      

ちなみに、コーヒーなど1回あたりに必要なお湯の量は次のとおり。

  • コーヒー:200ml
  • インスタントスープ:150ml
  • カップ麺
    • カップヌードル / 300ml
    • どん兵衛 / 410ml
    • UFO / 460ml

2.材質

アウトドアケトルは材質によって大きく特徴が異なります。

主な材質は次の4種。

アウトドアケトルの材質
  • アルミ
  • ステンレス
  • ホーロー

それぞれの特徴を下記の表にまとめました。

材質特徴向いている人

アルミ
・軽量
・熱伝導率が良い
・高火力はNG
・バーナーやコンロ向き
初心者

ステンレス
・耐久性抜群
・高火力でもO.K
・焚き火向き
中級者

・熱伝導率が最高クラス
・耐久性も最高クラス
・焚き火向き
・錆びやすく、お手入れ必要
・高価
上級者

ホーロー
・デザイン性が高い
・優れた保温力
・焚き火NG
・バーナーやコンロ向き
・自宅でも使いやすい
女性に人気

3.デザイン

最後はデザイン。

見た目もやっぱりこだわりたいですよね。

キャンプ用ケトルは使う用途によってデザインも大きく異なります。

アウトドアケトルのデザイン
  • 横長やかん型
  • 縦長ケトル型
  • 鍋・寸胴型

それぞれの特徴をまとめました。

画像タイプ特徴
横長やかん型・コンパクト
・お湯が沸くスピードが速い
・持ち運びやすい
縦長ケトル型・容量が大きい
・焚き火に向いている
・サイドの持ち手が持ちやすい
鍋・寸胴型・容量がかなり大きい
・多機能
・鍋や調理器具としても使える
・スタッキングしやすい

【マイベスト】筆者いちばんのおすすめは「ヴァストランド」

マイベスト

筆者いちばんのおすすめはこちら

『ヴァストランド』のアウトドアケトルです。

なぜなら、実際に購入して愛用しているから。

コスパ、使い勝手ともに抜群でめちゃくちゃ重宝しています。

何よりお手頃価格で手に入るので、初めての1個にちょうどいい。

サイスが2種類あるのでちょっと悩みますが、
私はより小型の0.7リットルのほうを選びました。

アウトドアでコーヒーを飲むのが何より楽しみになりましたよ。

筆者
筆者

レビュー記事も現在執筆中です

乞うご期待

【まとめ】キャンプケトルで手軽にアウトドアライフを楽しもう

まとめ

キャンプケトルがあると爆速でお湯が沸かせるから便利ですよね。

つまり、手軽に至極のコーヒーブレイクや、お手軽カップ麺が堪能できるというわけです。

というわけで、本記事ではおすすめのコンパクトキャンプ用ケトル9選をご紹介しました。

クリックすると各紹介ページにジャンプします

違いがよく分かる比較表はこちら

商品名クリックでAmazonに飛べます
商品画像商品名おすすめ度参考価格(Amazon)材質満水容量   適正容量重量商品寸法
(長さx幅x高さ)
収納袋付属    別サイズ      Amazonリンク
     VASTLAND(ヴァストランド) 5.0             ¥1,780アルミニウム
(アルマイト加工)
700m150g15 x 15 x 8 cm1,300mlあり       Amazon    
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)5.0¥1,500アルミニウム
(アルマイト加工)
700m550ml    137g13 x 15 x 7.7 cm       1,300mlあり Amazon    
Coleman(コールマン)
パッカウェイケトル
5.0¥2,619アルミニウム
(ハードアノダイズド加工)
600ml150g15 x 13 x 8 cm Amazon           
CAMPING MOON(キャンピングムーン)
アルマイト フェミナ ケットル
                 
4.8¥1,580アルミニウム
(アルマイト加工)
1,000ml 180g15 x 15 x 8.5 cm1,500mlあり Amazon
mont‐bell(モンベル)
アルパインケトル
4.8¥2,395アルミニウム
(ハードアノダイズド加工)           
600ml280g‎16.4 x 16.2 x 8.6 cm900mlあり Amazon
UNIFLAME(ユニフレーム)
山ケトル700
         
4.5¥4,000アルミニウム
(アルマイト加工)
700m550ml163g14.7 x 14.7 x 7..1cm Amazon
LOGOS(ロゴス) ザ・ケトル4.5¥4,500アルミニウム
(アルマイト加工)
750ml150g15 x 15 x 6.2 cm Amazon   
trangia(トランギア) 325ケトル4.3¥2,479アルミニウム
(無垢)
600ml140g13.5 x 13.5 x 7.5 cm          Amazon   
【Amazon限定ブランド】
G.G.N.(ジージーエヌ)
             
4.0¥1,978アルミニウム
(無垢)
800ml190g15.3 x 15.3 x 6.3 cm Amazon   
※参考価格は2022/8/24時点
➡右にスクロールできます

筆者のおすすめNo.1ヴァストランドのキャンプケトル

迷ったらぜひこちらをお選びください。

筆者
筆者
VASTLAND(ヴァストランド) キャンプケトル

レビュー記事も現在執筆中です

乞うご期待

ちなみに素材などの特徴にこだわった番外編も3つご紹介しました。

こだわり派のあなたはこちらも参考に。

クリックすると各紹介ページにジャンプします
商品名クリックでAmazonに飛べます
商品画像   商品名こだわりポイント参考価格(Amazon)材質満水容量   重量商品寸法
(長さx幅x高さ)
収納袋付属    別サイズ      Amazonリンク        
  Fire-Maple(ファイアメイプル)
ANTARCTI ステンレスケトル
フルステンレス製       ¥3,960フルステンレス1,000ml295g15.2 x 15.2 x 10.6 cm-       Amazon
FIELDOOR(フィールドア)
チタンケトル
                 
チタン製¥5,600チタン700ml 150g14.5 x 14.5 x 6 cm Amazon
BUNDOK(バンドック)
アルミ ケトル
四角いフォルム¥3,850アルミニウム
(アルマイト加工)       
350ml105g8.5 x 15.5 x 6.2 cm             Amazon
 ※参考価格は2022/8/24時点

アウトドアケトルを手に入れて、手軽にアウトドアライフを楽しみましょう。

筆者
筆者

気になる商品購入リンクは下記にまとめています

売り切れ前に、在庫と最安値をチェックしておくといいですよ

商品購入リンクはこちら

小型アウトドアケトルおすすめ9選

【番外編】特徴的な3つのケトル

広告
使わなくなったキャンプギア 眠っていませんか?

使わなくなったキャンプギア、倉庫に眠ったままにしていませんか? 

そんなあなた、もったいないですよ。

アウトドア用品専門買取【JUST BUY】なら、査定無料で即現金化。

いらないものはサクッと整理しちゃいましょう。
新たなキャンプギアが待ってます!

スポンサーリンク
『あしたはキャンプ!!』

コメント

タイトルとURLをコピーしました